早めに受験対策を始める|志望動機の書き方をマスターして受験を突破しよう
受験SEMINAR

中学受験はスタートダッシュと家族の協力が肝心です。

将来のために

難関私立など中学受験を考えている家庭も多いでしょう。世の中はまだまだ学歴社会ともいわれていますが、若いうちからハイレベルな勉学を続けていれば、確かに将来の可能性は広がります。中学受験はゴールではなく、あくまでもスタートになります。その第一歩となる合格を掴み取るためには、大切なポイントがあります。それは、時期と環境です。

早めに受験対策を始める

先生と学生

開始時期

入試対策に定評のある進学塾では、小学校4年から受験コースが始まります。早めに準備を始めると、レベルアップもはかれますし入試に強くなるはずです。

環境をつくる

受験は子供一人で戦い抜くことは難しいでしょう。親や兄弟など家族のサポートが大きなものになります。勉強しやすい環境を整え、体調管理や精神的なケアを行なうことが大切です。

塾を選ぶ

また志望校に合格したいなら進学塾の見極めも重要です。合格率などをチェックして、志望校の試験対策が万全である塾をリサーチしていきましょう。

見学して決める

いくら評判がよい塾でも、講師や指導方法などが子供の性格と合わなければ、子供にとって大きなストレスとなるでしょう。事前に塾に見学に行って、雰囲気を確かめてから入塾するようにしたいところです。

中学受験合格者に聞く「合格の秘訣」

夏休みがポイントでした

「夏を制する者は受験を制す」というコピーを見聞きしますが、一理あると思います。夏期講習で集中的に勉強したおかげで志望校のランクも上がって、無事合格できました。

切り替えが大切

毎日ずっと試験勉強するのは辛かったので、一日30分だけゲームをしたり、お父さんとキャッチボールをしたりして遊びました。気持ちが切り替わるのでストレスがたまることもなかったです。

先輩に聞く

僕の志望校に通っていた仲の良い先輩がいたので、おすすめの受験対策や入試の様子などを聞いて参考にしていました。去年無事合格できて、その先輩とは今でも仲良くしています。

過去の試験問題を解く

本番に弱いタイプなので、とにかく過去の入試問題集を何度もやりました。あと、全国模試をよく受けました。入試と同じような環境に身をおくことで、試験に慣れるようにしました。